2019年03月09日

第7回 きよらPIANO教室 発表会のご案内♪

今年も1年で最も多忙な時期がやってきました!(コンクールラッシュの7月後半前後と良い勝負ですが…)
IMG_7360.jpg
今回は私の主催する教室の発表会のご案内です。

来たる3月22日(金)13時から、銀座ヤマハビル7階にあるヤマハホールにて、2018年度きよらPIANO教室の発表会を行います。
入場無料、曲間での出入りは自由ですので、ご入会をお考えの方、教室にご興味のある方はどうぞお越しくださいませ♪
(出演者以外の方はご芳名帳にお名前を頂戴します)

以下に長いですがプログラムを貼りますので、ご参考にしてください。



〜 第7回 きよらPIANO教室 発表会プログラム 〜

第1部 13:00開演
1. (小1) ストリーボッグ 金の星
2. (小1) ハイドン アレグレット ト長調
3. (小2) ローデ あやつり人形
4. (小2) ショパン ポロネーズ ト短調 遺作
ショパン ワルツ イ短調 遺作 KK I Vb-11
5. (小3) ブルグミュラー 貴婦人の乗馬
6. (小3) ギロック ワルツ・エチュード
7. (小3) 湯山昭 バウムクーヘン
ブルグミュラー 空気の精
8. (小4) 平吉毅州 真夜中の火祭り
クレメンティ ソナチネ Op.36-4 第1楽章
9. (小4) ギロック パリの休日、ソナチネ 第1楽章
10.(小4)  クレメンティ ソナチネ Op.36-3 第1楽章
11.(小4) J.S.バッハ インベンション 第8番 BWV779 ヘ長調
ドビュッシー グラドゥス・アド・パルナッスム博士
12.(小4) カバレフスキー ソナチネ Op.13-1第1楽章
13.(小4) モーツァルト トルコ行進曲
14.(小4) ギロック フラメンコ
ケーラー ポロネーズ
15.(小4) ハチャトゥリアン ソナチネ 第3楽章
16.(小4) ギロック 宮廷のコンサート、カーニバルの舞踏会
17.(小4) ショパン 小犬のワルツ
〜ゲスト演奏〜
(小5) ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」Op. 13 ハ短調
第1楽章


第2部 14:30開演予定 
1. (小5) エステン アルプスの鐘
2. (小5) ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」 第3楽章
3. (小5)   モーツァルト きらきら星変奏曲
4. (小5) ショパン 幻想即興曲
5. (小5) ドビュッシー アラベスク第1番
6. (小6) ショパン ノクターン 第2番
7. (小6) ドビュッシー 夢
8. (中2) ショパン 革命のエチュード Op.10-12
9. (高1) バルトーク ルーマニア民族舞曲
10.(中3) J.S.バッハ 平均律 第1巻 第18番 BWV863 嬰ト短調
リスト ため息
11.(高2) ショパン スケルツォ第2番
〜連弾〜
12. (小4) ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」より ワルツ
  (小4)
13. (小5) サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より 第7曲 水族館
(小5) モシュコフスキー スペイン舞曲 第3番 Op.12
〜講師演奏(4手連弾)〜
浅野桜子 ラフマニノフ イタリアン・ポルカ
岩本きよら

〜写真撮影@〜 16:00予定


第3部 16:30開演予定
1. (年少) ボヘミアの曲 ぶんぶんぶん
2. (年少) ドイツ民謡 かえるの合唱
3. (年少) アメリカの曲 メリーさんのひつじ
4. (年中) 外国曲 ロチェスターマーチ
5. (年長) ベートーヴェン トルコ行進曲
6. (年長) 湯山昭 ポップコーン
7. (小1) ランゲ 小さなさすらい人
8. (小1) ブルグミュラー バラード
9. (小2) ベートーヴェン エリーゼのために
10.(小2) エステン 人形の夢と目覚め
11.(小2) ドビュッシー 小さな黒人
12.(小2) ギロック ウィンナーワルツ、雨の日の噴水
13.(小2) ゲール 蝶々
〜連弾〜
14.(年中) バッハ メヌエット BWV114
  (小1) シューベルト 軍隊行進曲(6手連弾)
15.(小1)  パッヘルベル カノン
  (小2)   ロッシーニ 「ウィリアム・テル」序曲
16.(小2)  ビゼー オペラ「カルメン」より 闘牛士の歌
  (小2)
〜講師演奏(4手連弾)〜
古川かりん ヨハン・シュトラウス2世 春の声
浅野桜子


第4部 18:00開演予定 
1. (年長) バッハ メヌエット
ブルグミュラー アラベスク
2. (小1) エルメンライヒ つむぎ歌
3. (小2) ランゲ 荒野のバラ
4. (小2) ブルグミュラー 狩猟
5. (小2) 中田喜直 エチュード・アレグロ
湯山昭 甘納豆
6. (小4) ブルグミュラー スティリアンヌ
7. (小4) クレメンティ ソナチネ Op.36-3 全楽章
〜連弾〜
8. (小2) ギロック 公園で遊ぼう
  (小2)
9. (小2)   ベートーヴェン エコセーズ
  (小6)   モーツァルト ドイツ民謡
10.(中1) クライスラー 愛の悲しみ
  (中1) ブラームス ハンガリー舞曲 第5番
  (中1)  フォーレ 組曲「ドリー」より子守唄
ネッケ クシコス・ポスト(6手連弾)
11.(大人) チャイコフスキー=ラフマニノフ 「眠りの森の美女」より
  (大人) 第2曲 アダージョ-パ・ダクシオン、第5番 ワルツ
〜講師演奏(4手連弾)〜
岩本きよら クライスラー 愛の喜び
古川かりん 

〜写真撮影A〜 19:15予定

第5部 大人の部 19:30開演予定
1. ショパン アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
Op.22 より ポロネーズ
2. ショパン ノクターン 第2番
3. モーツァルト 幻想曲 二短調 KV397
モーツァルト ピアノソナタ ハ短調 KV457 第1楽章
4. ベートーヴェン ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」
第1楽章
5. サン=サーンス アレグロ・アパッショナート
〜講師演奏(6手連弾)〜
浅野桜子 ラフマニノフ ワルツ
古川かりん
岩本きよら

20:30終演予定


2年前にもヤマハホールで発表会をした際のお写真♪
kiyorapiano2017のコピー.jpg
今年も素敵な会となりますように揺れるハート
posted by Kiyora at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート情報

2019年02月13日

カール・バート教授の特別公開レッスン♪

今年も私の教室の特別企画、『カール・バート教授特別レッスン会』が無事に終了いたしました♪
2.jpg
都内は雪が降ったりインフルエンザが流行したりと色々と心配しましたが、ハプニングなく終えることができてホッとしていますにこにこ

3年前にもウィーンからいらしていただいた、コンセルバトリウムのカール・バート先生♪
1.jpg
実は学生時代くらいからお世話になっている先生です。
ドイツ語を聞くのも3年ぶり。すっかり忘れているかと思いましたがなんとなく覚えていて、懐かしい記憶が次々と蘇ってきました揺れるハート

今年は主に全国大会に入賞経験のある7名の生徒さんがレッスンを受講しました♪
3.jpg
隣で弾く先生のピアノの音にうっとりとした生徒さんは多かったようです。
聴講生も満員となり、教室は熱い時間が流れていました炎
5.jpg
最前列の子供席。皆お利口さんに聴けました!
幼稚園生なのに最後まで聴こうとする子までいて、とても感心しました♪

6.jpg
終了後の皆さんと♪遅くまで皆さんお疲れ様でした!


日本にいながらウィーンを感じられる、素敵な1日となりました。
生徒さん達にとっても貴重な経験となったことでしょうね♪
8.jpg
posted by Kiyora at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

2019年もよろしくお願いいたします♪

早いもので明日はもう2月です。
師走は文字通り走り抜けましたが、まさか1月までもが走り去るとは…。
今年は今までで一番忙しいお正月を迎えましたあせあせ(飛び散る汗)
IMG_6887.jpg
今年の教室年賀状です♪
年々作業が大変に感じられつつも、過去の生徒さんたちからも来るお写真付き年賀状が嬉しくて辞められませんにこにこ光るハート


12月。その後は中学生中心のクリスマス会・大人のミニクリスマス会(女子会?!)と続いたあとは、コンクールラッシュを挟んで忘年会ラッシュです。
門下の卒業生の皆で集まることも大変楽しいですが、やはり締めの音楽家の大忘年会が終わらないと新年を迎えた気がしません!
49464998_1416647725133077_3712231690966401024_n.jpg
一年を振り返って充実感に浸りますぴかぴか(新しい)


そして溜め込んだ仕事三昧で迎えたお正月の後は、学生時代の恩師・伊藤恵先生の還暦祝い温泉旅行でした。
皆で温泉に浸かりながら、学生時代にタイムスリップしたような楽しい時間を過ごしましたにこにこ
IMG_6953.jpg
師からは有り難いお言葉をたくさんいただき、昔、「ピアノをひいてはいけない。音楽しようよ!」と言われていた時のことを思い出しました。

「今思うとあなた達に考えさせたことを良かったと思ってるの。」
恵先生のレッスンは決して答えを教えないレッスンで散々悩みましたが、それが演奏だけでなく、今の生きる力に繋がっているなぁと実感。
私もそんなレッスンができているだろうか?とまた課題を噛み締めた新年でした。

「演奏にはその人の生き方がでるのよ」とのこと。
気を引き締めて今年も過ごしたいと思います!
音楽する心をこれからも生徒たちに伝えていきたいです。
そしてそんな音楽を、人生をかけて学べることそのものにこの上ない幸せを感じます黒ハート
私たちピアニストは、そんな音楽に取り憑かれたある意味幸せな人たちの集まりだなと思っているうちに、また日常がやってきました。

演奏すること、学んでいくこと、それを後世に伝えていくこと、全てやりたい今年も欲張りな私です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします♪
posted by Kiyora at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記